私のブログ ある独身男の日常

気の向くまま、好きな事を書いています。 主に仕事、生活、婚活パーティー、買い物、家電、ピアノ、COMME des GARCONS、読書、Perfumeについて書いています。 更新もマイペースにやっていきます。 人気ブログランキングへ

気の向くまま、好きな事を書いています。 主に仕事、生活、婚活パーティー、買い物、家電、ピアノ、COMME des GARCONS、読書、Perfumeについて書いています。 更新もマイペースにやっていきます。

2月9日に転職した会社を退職をしてから、一か月と1週間就職活動をしてきた。
応募企業だけで、合計35社
最終的に希望した会社に内定をもらうことができた!!

■結果
応募数35社 書類選考通過 12社(1社辞退) 一次面談辞退 2社 一次面談 10社 
最終面談(2次面談含む) 1社 内定 3社(2社辞退)

就職活動の毎日は、本当に辛かった。。。
落とされまくりで、本当に死にたくなった。

毎日様々な転職サイトの求人情報を見て応募、知人に会社を紹介してもらう、
複数の転職エージェントに登録、たまにハローワークにも行き担当者に相談をしながら職を探す日々
応募したら、書類選考で落とされまくった。
何とか面談まで進んでも、一次面談で落とされてしまい、2次面談にも進めない有様。

落ちまくりで精神的に疲弊しているときに、ある企業の面談に行ったところ、
面談をしている最中に突然内定をもらった。
あっさり内定がでたので、拍子抜けしてしまった。
取りあえず受けた企業で特に希望はしていなかったが
他からは、内定貰えなかったらそこに決めようかなと考えていた。
次の日に転職サイト経由(マイナビ転職)で応募した企業の面談が残っていたので、
取りあえずそこの面談に行き最後にしようかなと考えていた。

その企業は、仕事内容が希望している職種だったが自分は受けらないだろうと思っていた。
その為、気軽な気持ちで面談を受けた。
すると、面談中に採用担当者から評価されているのを感じた。
最後に応募状況を聞かれたので、他企業で内定を貰っていることを伝えると、
一次面談は合格なので最終面談に進んでくださいと言われた。
しかも、最終面談はほとんど落ちることがないようなことを言われた。
そして、すぐに最終面談の日程も設定してもらった。
一次面談終わりに次の選考に進んでほしい言われることもないので、
これはいけるかもと思い帰り道は、テンションが上がってしまった。

そして、最終面談(2次面談+社長面談)に参加。
いきなり、2次面談の担当である部長が出張中ということでインターネット経由の
リモート面談だったので面食らった。
初めてのリモート面談、初めてで違和感があったのと面接官が打合せの予定があり
15分程度のスピード面接だった。
矢継ぎ早に質問されて終了。
途中回線不具合で画面が乱れるハプニングもあった。

その後、別の部屋に移動して待機。
その部屋は、TVやダーツ、置物がある立派な部屋だった。
待っていると、社長が一人でやってきて面談。
いくつか質問をされて、最後にこちらから逆質問をして面談が終了
結果は、「明日には連絡する」と言われた。
最後に人事の人がやってきたので、確認すると
「明日の連絡はない。1週間以内に連絡します」と言われた。

その後、毎日連絡が来ないかドキドキして待っていたが
3日待っても連絡が来なかったので落ちたのかなと思っていた。
※インターネットを見ると内定者は3日くらいで連絡が来ることが多いという記事を見た。

先に内定を貰っていた会社には、内定保留をしていたが1週間の保留期日が来てしまったので
取りあえず内定を承諾した。
すると翌日の午前中に電話がかかってきて、「正社員で内定が決まりました」と言われた。
簡単に労働条件について説明の後、内定を承諾するか検討して連絡することになった。

すぐに内定承諾した企業に電話連絡をして
内定辞退させていただくことをお詫びして伝え、了承を得た。
そして、希望する企業に内定承諾をすることを伝えた。
入社日や労働契約については、別で連絡を貰うことになった。
これにて、私の就職活動は終了となった。
問題なければ労働契約を交わして初出社を待つことになる。
どうなるかと心配の毎日だったが、
何とか内定を貰えて、今は本当にホッとしている。

今年転職をしたばかりの会社を退職した。

理由は、いくつかあるが一番は夜勤有りの3交代勤務に強い抵抗感が出ていた為である。
(前回の記事にも夜勤に抵抗があることを書いている。)
すぐに退職することを想定していなかったので、現在は今後どうするか悩んでいる状態。
取りあえず、知人に相談をして会社を紹介してもらったり、自分のコネを使って知り合いの社長さんの会社に面談する予定になっている。
他にも転職エージェントに申し込み経由で応募したり、
転職サイト経由でも応募はしている状態だが、今回のことで経歴も不利となり
今後どうなるかわからない。
一日でも早く仕事がしたいのが本音。

退職した企業は、去年10月に転職エージェント経由で見つけた某大手会社のグループ企業だった。
・前職と同じような仕事内容であること。
・賞与、退職金があること。
・残業代がきちんと支払われること。
・大手のグループ企業で安心感がある。
上記内容が自分の希望と重なり、転職を決意した。

但し、1点大きな問題点があった。
それは、3交代(朝、昼、夜)の勤務体系
私は、今まで夜勤をしたことがない。
夜勤が嫌で、夜勤のない仕事を選んできた経緯がある。
転職エージェントにも、「夜勤は嫌です」と伝えていたのだが
担当者が間違えて、この案件をたまたま私に見せた。
夜勤がなければ、ベストだなと思っていたが夜勤があったので
最初は応募はしなかった。
2週間ほどたち、別の企業に面談をして落ちたこと、
その間もずっと気になっていたので取りあえず、応募だけでもするかと応募をした。
結果、あっさりと内定まで話が進み。
内定まで進んだので、私も気分が良くなり夜勤も頑張れば何とかなるかなと思い
最終的に内定を受託した。
→今思うとこれが、大きな間違いだった。。

勤務について振り返りたくないが、今後の反省材料とするため、振り返ることにする。

1月上旬に初出社
最初に入社説明会があり、20名位の人が集まっていた。
それぞれの担当が会社や就業規則等について説明をしてくれた。
次の日からは、研修が約6日ほど行われた。
内容は、電話応対、ハードウェア、ネットワークについての基本的な研修等。
研修後は、それぞれの配属先の現場に移動。
私は、同僚が一人もいない現場だったが、
入館手続きが遅れて、4日ほど一人で自習となった。
一人の自習は、辛くて時間が長く感じたのと誰も話す人もいないので仕事に対して
不安が募ってしまった。

そして、現場に配属。
生体認証をしないと、部屋に入れないような厳重な警備で
業務に関係のないインターネット閲覧も禁止となっていた。

その後、リーダーに指示を受けながら製品の自習や検証機を触ったり
説明を受けたりしていた。
リーダーから話を聞くと、製品についてお客からの質問で不明点は、自分たちで検証や構築、調査をおこなっており製品に対しての対応力は日本一ではないかとのこと。
私は、今まで調査等の対応はしていたが、
不明点は販売代理店にエスカレーションをして対応を依頼していた。
今回も同じ形ではないか想像していたが、違うことを入社後に知った。
自分が思った以上に、高いスキルを求められていることを知った。
※これも今回の退職理由の一つとなっている。

出社をしていると、夜勤をして帰宅する人達を見て自分も同じようになるのだなと感じると
現実感が増して毎日怖くなってきた。
それから1週間ほど通いながら、夜勤に対する恐怖、業務レベルの高さに
悩むようになり、ある日耐えきれなくなり
上司に退職させてくださいと相談した。

それからは、上司と何度も話し合い、さらには、上長とも話をして
「また始まったばかりで何もしていない」
「石の上にも3年という言葉がある通り、頑張ってほしい。」と言われたが
退職の決意が高く退職することになった。

そして、退職日当日
退職を決意したのにも関わらず、もうちょっと頑張れたのではないか、
夜勤もやってはいないので
やれば乗り切れたのではないかという思いがでてきて
リーダーにもう少し頑張らせてもらえないか相談をした。(自分でも何も考えているのか...)
リーダーからは、険しい顔をされて「どうして急に考えが変わるのか」、
「ただ経歴の為に時間を伸ばしているとして思えない」と言われた。
会社としては、育成をして5年以上はいられる覚悟がある人を求めているといわれた。
「5年以上やれる覚悟があるか」と聞かれて、そこまでの覚悟がないことを説明。
結果、そのまま退職となった。

最後に、返却する物全て返して部長さんにお詫びと挨拶をした。
リーダーがその場にいなかったので、挨拶をしたいと部長さんに申し出ると、電話をしてくれたが
資料作成で忙しいという理由で挨拶もできなかった。
そのまま帰宅。
この仕事について、いい思い出が全くなかったなと考えながら帰宅した。

今回の件について、「考えの甘さ」と「業務の選択ミス」を強く反省している。
この反省を何とか次に繋げたいと考えている。

2017年12月28日付けで約6年2か月働いた職場(IT系)を退職した。
理由は、転職をするためである。
何故、転職をしたのか?
それは、給料・待遇面を改善するためである。

前職は、契約社員で入り正社員に昇格したのだが社員数約150人の中小企業にて
賞与・退職金は全くなく昇給は、年1回あるということだったが
実際は1回しか昇給しなかった。
さらに賞与の代わりにインセンティブがあると聞いていたが、
社内の目標値がありそれに達しないと、もらえないとのは後から知った。。。
今までは、その待遇で我慢しており賞与もあきらめていたのだが、今後結婚をする可能性もあるので、我慢が限界になり違う職場に移る行動をすることにした。

具体的に行動し始めたのは、2016年8月頃に派遣先企業に移ることができないかを派遣先のMGRに相談をしたことである。
結果は、失敗
理由は、「会社からの引き抜きになるから駄目」ということであった。

そして2017年3月位から、転職サイト経由にていくつかの企業に面談を申し込んでは
面倒になり面談を辞めたりを繰り返していた。
9月位からもっと本格的に動き出そうと転職エージェントに初めて登録をしてみた。

初めに登録したのは、「パソナキャリア」
東京駅でコーディネーターと面談後に、複数の企業に申し込みをしたが
3社以上書類選考が通り、面談に進んだが仕事もあり面談準備が取れずパニックとなり全部断った。
その結果、私の印象が悪くなりそれ以降転職エージェントから連絡が来なくなった。
※一次面談を断るのは、禁止されている。

次に登録をしたのが「ワークポート」という転職エージェント
IT系に強いエージェントということと、転職サイト経由にて面談を希望のメールがきたので登録をした。
前回の反省を生かして、1社ずつ面談の申し込みをすることにした。
結果、1社目はサーバーサポートの仕事だったが不合格
2社目に受けたネットワーク製品のサポート業務が内定となった。
私の前職がネットワーク製品のサポートをしていたので、即戦力として評価されたと思っている。
面談を受けた次の日には、内定となっていた。
※一時面談にて、役員も同席しており2次面談も兼ねたため内定が早かったらしい。
某大手企業のグループ会社なので、待遇は比較定しっかりしていると思う。
但し年収は低いけど。。

そこは、賞与や退職金もあり待遇面の希望はかなっているが、1点だけ悩みどころの点があった。
それは「夜勤」があることである。
今まで夜勤はやりたくなく避けてきたが、他の部分が希望に叶っているので
そこだけ苦渋の末だが、我慢することにした。

そして、10月末に所属会社の担当営業と上司に退職を告げて
12月28日付で退職することになった。
派遣先企業からも同様に12月28日で終了となった。

派遣先企業からは、辞めるにあたり色々な人から花束やお菓子、キーホルダー等のプレゼントやメッセージをもらったが所属会社からは誰からも一切連絡もなく終了となった。
6年以上も務めたのになんて冷たい会社なんだとがっかりしてしまった。
私が転職することに怒っているのかもしれない。

新しい会社は、2018年1月5日から出社予定である。
私は現在42歳。
正直新しい環境の職場で新たにやっていけるのか不安でいっぱいであるが
精一杯頑張る気持ちでいるが、頑張った結果どうしようもなく辛くて鬱病になりそうとかであれば
最悪辞めてもいいとなるべく気軽に考えて頑張りたいと思う。
辞めても次どうしようか相当困るけど...
次の職場がいいことを祈りたい!

このページのトップヘ